生コンクリートって何?


chara2

「生コン」は、【生コンクリート】の略称ですが、
広辞苑には載っていません。
日本工業規格(JIS)の「コンクリート用語」では
レディーミクストコンクリート】と表示されています。

―――――――――――――――――
 生コンって何からできてるの?
―――――――――――――――――

水とセメントと砂(細骨材)を混ぜた物を「モルタル」といいます。このモルタルに石(粗骨材)を練り混ぜたものが生コンです。材料さえ揃えば誰でも簡単には作れるものではありません。最近のニュースで問題の欠陥コンクリートになってしまいますよ。
通常、生コン工場ではより高品質な生コンを製造するために「混和剤」も少量混入します。これは加える水の量をなるべく少なくするため(=耐久性、強度が良くなる)、微少な空気を混入するため(=凍結融解に強くなる)、生コンの流動性を良くするため、などさまざまな理由があります。
私たちは、〔JIS A 5308レディーミクストコンクリート〕という規格に従ったコンクリートを製造しています。徹底した品質管理で作られていますから、安心して使っていただけます。




chara
◎生コン豆知識
 ├ ■生コンクリートって何?
 ├ ■良い生コン、悪い生コン
 ├ ■スランプって何?
 ├ ■塩化含有量とは?
 └ ■ミキサー車のひみつ