沿革


 昭和43年10月   宮崎県生コンクリート工業組合設立
初代理事長 岡﨑清美(株式会社 岡﨑組代表取締役)
事務所 宮崎市大字恒久1535
     
 昭和44年5月    第2代理事長 田中 靜 就任(第一コンクリート工業株式会社代表取締役)
     
 昭和45年5月    事務所 宮崎市広島1丁目13番10号に移転
     
 昭和47年5月    事務所 宮崎市橘通東1丁目7番4号に移転
     
 昭和53年2月    中小企業近代化資金等助成法による構造改善事業計画樹立
通商産業大臣承認
     
 昭和55年4月    事務所 宮崎市橘通西1丁目2番25号に移転
     
 昭和56年2月    中小企業近代化促進法による構造改善事業計画樹立
通商産業大臣承認
     
 昭和56年9月    第1回品質管理監査工場立入検査実施
     
 昭和58年5月    第3代理事長 藤元 寿 就任(東諸建設事業協同組合理事長)
     
 昭和58年11月    技術研修センター及び共同試験場起工式
     
 昭和58年12月    事務所 宮崎市新別府町薦藁1948番地に移転
     
 昭和59年6月    技術研修センター及び共同試験場竣工落成 運営開始
     
 昭和59年8月    通商産業省工業技術院認定委託による全国生コンクリート工業組合連合会認定共同試験場となる。(製品試験外15項目)
     
 昭和59年11月    宮崎県土木部長名通知により、土木用骨材の規格試験実施要領並びに土木及び建築工事共通仕様書の運用のなかで全国生コンクリート工業組合連合会認定試験項目について準公的試験機関としての取り扱いを認められる。
     
 昭和60年9月    全国生コンクリート工業組合連合会より追加認定(水質試験)
     
 昭和62年3月    同追加認定(アルカリシリカ反応性試験)
     
 昭和63年10月    宮崎県生コンクリート工業組合創立20周年記念大会挙行
     
 平成元年5月    第二次構造改善事業計画樹立 通商産業大臣承認
     
 平成元年11月    全国生コンクリート工業組合連合会が、「生コンクリート記念日を11月15日」を制定、併せて綱領、行動指針を決定。
     
 平成2年7月    宮崎県生コンクリート協同組合連合会が設立され、事務所が併設される。
     
 平成2年12月    宮崎県生コンクリート工業組合シンボルマーク制定
     
 平成4年4月    宮崎県工業試験場より鉄筋関係依頼試験移管
     
 平成6年4月    第三次構造改善事業計画樹立 通商産業大臣承認
     
 平成8年7月    理事長 藤元 寿 死去に伴い、第4代理事長 田原正雄 就任(県北生コン協同組合理事長)
     
 平成9年5月     第5代理事長 増田十郎 就任(麻生宮崎コンクリート工業株式会社代表取締役)
     
 平成9年7月    全国統一品質管理監査制度発足に伴い、「宮崎県生コンクリート品質管理監査会議」を設置し、全国統一基準による品質管理監査工場立入検査を実施。
     
 平成10年11月    宮崎県生コンクリート工業組合創立30周年記念式典、記念講演挙行
     
 平成11年11月    宮崎県生コンクリート工業組合が、適切な組合運営努力の功績により「通商産業大臣表彰」を受ける。
     
 平成14年6月    全地区協組で「第1回生コンクリート運搬技能士講習会」を500名を超す参加者で実施する。
     
 平成15年3月    全生工組連よりアルカリシリカ迅速法の追加認定を受ける。
     
 平成15年3月    第6代理事長 木田正美 就任(木田組生コン有限会社代表取締役社長)
     
 平成17年3月    宮崎のコンクリート技術の向上を図ることを目的に産・管・学による「宮崎コンクリート研究会」を発足。
     
 平成17年12月    財団法人日本建築総合試験所と宮崎県生コンクリート工業組合共同試験場がJIS製品認証に係わる「製品試験委託基本契約」を締結する。
     
 平成18年3月    財団法人建材試験センターと宮崎県生コンクリート工業組合共同試験場がJIS製品認証に係わる「製品試験委託基本契約」を締結する。
     
 平成18年5月    地域社会貢献するため宮崎県知事と宮崎県生コンクリート協同組合連合会が、防災協定を締結する。
     
 平成20年12月    宮崎県生コンクリート工業組合創立40周年記念式典
     
 平成21年6月    (独)製品評価技術基盤機構認定センターよりJNLA(工業標準化法試験事業者登録制度)の試験事業者として登録される。
試験方法の区分 コンクリート・セメント等無機系材料強度試験
     
 平成21年8月    (株)マネジメントシステム評価センターと宮崎県生コンクリート工業組合共同試験場がJIS製品認証に係わる「製品試験委託基本契約」を締結する。
     
 平成21年12月    全国生コンクリート工業組合連合会より追加認定(モルタル及びコンクリートの長さ試験方法)
     
  平成23年8月    地域の安全と防犯に寄与するために、宮崎県県警本部生活安全本部長と宮崎県生コンクリート協同組合連合会会長と「犯罪の起きにくい社会づくりに関する協定」締結する。
     
 平成23年11月     平成23年度コンクリート関連技術者研修会(共催 (社)宮崎県建設業協会、宮崎県土木施工管理技士会、 後援 国交省宮崎河川国道事務所、宮崎県)を宮崎県生コンクリート工業組合主催により開催する。
     
 平成24年1月    地域社会に貢献するため宮崎県知事と宮崎県生コンクリート協同組合連合会会長と「大規模災害時における応急対策業務等に関する協定」を締結する。 
理念 / 沿革 / 組合員工場 / 各地区協同組合 / 組織図 / 役員の紹介
理念 / 沿革 / 組合員工場 / 各地区協同組合 / 組織図 / 役員の紹介