7月 6

平成29年度 生コン学校(第3期生)

生コン学校(第3期生)が平成29年5月22日~6月16日間、開校されました。

入校者は、生コン工場勤務者18名、建設業勤務者2名、女性2名を含む20名が4週間受講。また、今年度は宮崎県の公共3部から職員15名が聴講生とし受講しています。入校者紹介後生コン学校長 中澤 隆雄(宮崎大学名誉教授)が、「午前は講義、午後は実習、実験を行い、プログラムはどこの大学にも負けない内容で、4週間しっかり勉強すればコンクリートのプロになれると思う。技術の習得、資格取得に向けて頑張ってほしい。」と挨拶のあと、主催者側代表として木田 正美 工業組合理事長が、「宮崎工組では、コンクリートは人を守るというテーマを掲げている。わからない事があれば互いに協力するなどして、将来、学校で学んで良かったと思える人間関係をつくってもらいたい」と述べた後、4週間にわたりコンクリートに関する知識、技術の習得を学び終えました。

生コン学校に関する内容は以下のとおりである。

◆担当教員 主担当

中澤 隆雄(宮崎大学名誉教授)

特別講義

原田 志津男(国立都城工業高等専門学校教授)

鈴木 一雄(日本大学非常勤講師)

原田 健二 ・ 小玉 淳司(竹本油脂(株))

特別講話

川述 俊喜(九州経済産業局地域経済部産業振興課)

矢倉 義昭(日本規格協会福岡支部)

杉山 光徳(国土交通省九州地方整備局宮崎河川国道事務所 工事品質管理官)

大坪 正和(宮崎県県土整備部技術企画課長)

木田 正美(宮崎県生コンクリート工業組合理事長)

河野 宏介(宮崎県生コンクリート工業組合副理事長)

岡田 健了(宮崎県生コンクリート工業組合専務理事)

大野 全英(宮崎県生コンクリート工業組合事務局長)

講義及び実習担当 宮崎県生コンクリート工業組合共同試験場職員

市川 治仁(技術課長兼共同試験場長)

小川 良一(共同試験場技術課長補佐)

興梠 真一(共同試験場技術主任)

平塚 正人(共同試験場技術員)

田中 直也(共同試験場技術員)

協力企業(視察研修)

木田組生コン(有)田野工場

矢野産業(株)田野砕石工場

(有)山海興業

◆入学対象者

新入社員または基礎からコンクリート技術を学びたい社員、業界関係者

◆実施期間

平成29年5月22日~6月16日  4週間(月曜日~金曜日)

◆教育目的

宮崎県生コンクリート工業組合の平成27年度事業計画に若年就労者育成事業が盛り込まれ、組合員企業に入社した社員等を対象に教育訓練を行い、次世代を担う人材育成に努めることを目的とする。

◆教育目標

建設資材としてのセメント及び混和材料、コンクリート用の骨材とコンクリートが有すべき強度、耐久性を理解できるとともにコンクリートの配合設計ができ、生コンクリートの品質管理活動向上に貢献できる。

◆入校式状況

IMG_3841_R IMG_3853_R IMG_3835_R
IMG_3837_R IMG_3847_R IMG_3843_R

◆受講状況

IMG_3991_R IMG_3918_R IMG_4431_R
IMG_3906_R IMG_4022_R
IMG_3910_R
IMG_4436_R
IMG_4075_R IMG_4015_R
IMG_3863_R IMG_3882_R IMG_3885_R
IMG_3965_R IMG_3986_R IMG_4065_R
IMG_4089_R IMG_4068_R IMG_4157_R
IMG_4237_R IMG_4231_R IMG_4296_R
IMG_4315_R IMG_4458_R IMG_4532_R
IMG_4564_R IMG_4589_R IMG_4673_R

IMG_4681_R